1. トップページ
  2. 公演一覧
  3. 公演概要

PARCO PRODUCE 2024『リア王』

オープニングシリーズ

公演日程

2024年4月18日(木)~4月21日(日)


開場
開演の45分前

料金

全席指定:11,800円(税込)

劇場会員「ミルデ!」先行

■1次抽選受付
期間:2023年12月13日(水)12:00~12月20日(水)18:00
抽選結果発表:2023年12月23日(土)
■2次抽選受付
期間:2024年2月10日(土)12:00~2月15日(木)18:00
抽選結果発表:2024年2月17日(土)

  • 事前に劇場会員「ミルデ!」のご登録をお願いいたします。
    劇場会員「ミルデ!」入会はこちら

一般販売

2024年2月25日(日)10:00~

お問い合わせ

キョードーインフォメーション
0570-200-888
(11:00~18:00 ※日祝は休業)

公演概要

昨年演劇界に衝撃を与えた『セールスマンの死』のタッグ再び!
ショーン・ホームズ&段田安則の次なる挑戦はシェイクスピア4大悲劇!

愛を取り繕った甘言…、言葉にできぬ真心…
真偽の選択を間違えた王は、狂気の中、王国を彷徨い…。

 昨年段田安則主演『セールスマンの死』で、高度経済成長期の資本主義の歪みを重ね合わせた斬新な演出により、日本の演劇ファンを唸らせたショーン・ホームズ。
 その『セールスマンの死』で、第30回読売演劇大賞 最優秀男優賞、令和4年度(第73回)芸術選奨文部科学大臣賞に輝いた日本演劇界の至宝・段田安則。
 長年親しまれる名作を、従来の解釈に捉われず、本来戯曲が語り掛けていることを丁寧に紐解き、現代に蘇らせるショーン・ホームズと段田安則が、再びタッグを組んでの次なる挑戦は、シェイクスピア4大悲劇のひとつ『リア王』です。
 舞台のみならずテレビ・映画の世界でも変幻自在に活躍、押しも押されもせぬ日本を代表する俳優である段田安則が、自身のキャリアにとってエポックメイキングとなった『セールスマンの死』に続いて、生来の気性の荒さと老いから、娘たちの腹の底を見抜けず、悲嘆と狂乱の内に哀れな最期を遂げるリア王に挑みます。

美術・衣裳には『FORTUNE』(2020)に引き続きイギリス気鋭のデザイナー、ポール・ウィルスを招聘する他、かみむら周平(音楽)、小野寺修二(ステージング)などお馴染みの日本のクリエイターが『桜の園』(2023)に続いて参加。さらに、シェイクスピア全作品翻訳を達成した松岡和子の翻訳により、2024年版の新たな『リア王』を創り上げます。
 
 共演者にも魅力あふれる実力派俳優たちが結集いたしました。
グロスター伯の嫡子で、異母弟エドマンドの悪だくみによって追手をかけられる身となったエドガーに小池徹平。リアに勘当されるが、誠実なフランス王の妃となるリアの三女・コーディリアに上白石萌歌。甘言を弄し、リアを裏切る長女・ゴネリルに江口のりこ。夫と共にリアを追いやる次女・リーガンに田畑智子。グロスター伯の私生児で、異母兄エドガーを追放に追い込むエドマンドに玉置玲央。リーガンの夫・コーンウォール公に、入野自由。ゴネリルの執事・オズワルドに前原滉。ゴネリルの夫・オールバニー公に盛隆二。リアに寄り添う道化に平田敦子。コーディリアに求婚するフランス王に秋元龍太朗。貴族・使用人・兵士役に、中上サツキ、王下貴司、岩崎MARK雄大、渡邊絵理。リアの忠臣・ケント伯に高橋克実。エドガーとエドマンドの父・グロスター伯に、浅野和之。舞台、映像と幅広く活躍する素晴らしい俳優たちで贈る、家族や権力、忠誠心、裏切り・・・思惑が渦巻く『リア王』。どうぞご期待ください。

キャスト

段田安則
小池徹平
上白石萌歌
江口のりこ
田畑智子
玉置玲央
入野自由
前原滉
盛隆二
平田敦子
高橋克実
浅野和之
秋元龍太朗
中上サツキ
王下貴司
岩崎MARK雄大
渡邊絵理

スタッフ

作:ウィリアム・シェイクスピア
翻訳:松岡和子
演出:ショーン・ホームズ
美術・衣裳:ポール・ウィルス

主催:MBSテレビ サンライズプロモーション大阪
後援:ブリティッシュ・カウンシル
制作協力:ゴーチ・ブラザーズ
企画・製作:株式会社パルコ

スタッフ コメント&プロフィール

■演出:ショーン・ホームズ
日本で『リア王』の演出ができること、そしてPARCOプロデュースとの充実したクリエイティブな関係を継続できることに喜びと興奮を覚えています。今回が4回目のコラボレーションであり、そして比類なき名優・段田さんとは2作目となります。『セールスマンの死』での素晴らしいコラボレーションを経て、シェイクスピアの名作に取り組むこと、段田さんのリア王に出会うことが楽しみでなりません!また、シェイクスピアへの燃えるような情熱、一緒にいるとこちらまで熱くなるお気持ちを持った和子さんとご一緒できることもこの上ない喜びです。劇場で観客の皆さまと私たちの作品が出会うことを楽しみにしています。『セールスマンの死』や『桜の園』でそうしたように、暗闇、不条理、そして驚きを作品にもたらしたいと思っています。
 
I am thrilled to be directing King Lear in Japan and delighted to be able to continue my fulfilling and creative relationship with PARCO.
This will be our fourth production together and the second time I’ve worked with the incomparable Danta san.
After collaborating together so successfully on A Death of a Salesman, I can’t wait to get started on Shakespeare’s master work and to meet Danta san’s King Lear! It’s also going to be a great pleasure working with Kazuko san whose burning enthusiasm for Shakespeare is so infectious. I look forward to audiences meeting our production and hope we can bring the same mixture of darkness, absurdity and surprise to this show as we did to Salesman and Cherry Orchard.

■翻訳:松岡和子
古代ブリテンの王を主人公として400年以上前に書かれた『リア王』。現代の私たちとは無関係に思える遠い時空を背景とし、王侯貴族が引き起こすこの劇は、私たちの日常とはかけ離れた壮大この上ないものでありながら、万人共通の問題を突きつけてきます。人は誰でも歳をとる。子をもうけずに一生を終える人はいても、親から生まれなかった人はいない。老い、親子兄弟姉妹のあり方――万人共通の問題です。リアをめぐる人々が繰り出すのは、愛と憎悪、呪詛と祝福、残酷と優しさ、暴力といたわり。そこには笑いや歓びさえある。『リア王』は演劇の極北です。
<プロフィール>
1942年旧満州新京(長春)生まれ。翻訳家。小説や評論、英米の戯曲の翻訳を経て、全戯曲個人訳による『シェイクスピア全集』を2021年に完結させ、菊池寛賞や朝日賞などを受賞した。主な著書に『深読みシェイクスピア』他。

キャスト コメント&プロフィール

■リア王役:段田安則
『セールスマンの死』でご一緒した演出のショーン・ホームズさんから「シェイクスピアでやりたいものはありますか?」と訊かれて「ロミオかな」と冗談で返したら、「ジュリエットも良いですよ」と言われましたが、今回お話をいただいたのは「キング リア」でした。
『リア王』への出演は1991年、蜷川幸雄さんの演出でエドガー役を演じました。三十数年の年月を経て、タイトルロールという大役を務めるにあたり、「本当に私で大丈夫?」という不安と楽しみが入り混じっています。
ショーンさんはとても頭が良く、且つ、ユーモアのある方。稽古は楽しく、作品に対する彼の視点や発想から多くを学び、私は相性の良さを感じました。『セールスマンの死』は時代を少し現代に近づけての上演でしたが、今回の『リア王』の演出でもそのような構想を練っているそうですので、私自身も楽しみです。シェイクスピアの本場、イギリス出身のショーンさんですから、きっと面白くしてくださるはず。この悲劇の名作、ご覧になったことのある方はもちろん、初めてご覧になる方にも楽しんでいただける演出をされると思いますので、ぜひご期待ください。私もお客さまのご期待にお応えできるよう努めます。
<プロフィール>
1957年京都府出身。青年座研究所を経て、1992年に退団するまで野田秀樹主宰「劇団夢の遊眠社」で主力俳優として活躍。『セールスマンの死』『女の一生』にて2023年に第73回芸術選奨文部科学大臣賞(演劇部門)、第30回読売演劇大賞 最優秀男優賞を受賞。
最近の主な出演に舞台『帰ってきたマイ・ブラザー』(23/小林顕作演出)、『女の一生』(20/演出も)、『泣くロミオと怒るジュリエット』(20/鄭義信演出)、『風博士』(19/寺十吾演出)、『死と乙女』(19/小川絵梨子演出)、『夢の裂け目』(18/栗山民也演出)、『民衆の敵』(18/ジョナサン・マンビィ演出)、映画『Fukushima 50』、ドラマ『忠臣蔵狂詩曲 No.5』(NHK)、『カムカムエヴリバディ』(NHK)、『和田家の男 たち』(EX)、『半沢直樹』(TBS)など。9月より公開の映画『ミステリと言う勿れ』、2024年NHK大河ドラマ『光る君へ』に出演予定。

■エドガー役:小池徹平
『リア王』の出演が決まり、自分の中では新たなチャレンジだと思っております。
シェイクスピア作品は初めてなので、稽古から毎日刺激的な日々を過ごせそうな気がしていて、とても楽しみにしています。
演出のショーン・ホームズさんともお会いしましたが、とても気さくで優しい方で、どんな世界観になっていくのか今からドキドキしています。
日々精進しながら励んで参ります!

■コーディリア役:上白石萌歌
コーディリア役を務めます、上白石萌歌です。この度は、ショーン・ホームズさんや段田安則さんをはじめとする素晴らしいキャストのみなさまとご一緒できること、心から光栄に思います。ショーンさんはいつも伝統ある戯曲に新たな風を吹かせていらっしゃるイメージがあり、拝見するたびに今までになかった視点や気づきをもらいます。今回、シェイクスピア四大悲劇のひとつである『リア王』に、ショーンさんがどのように色をつけてゆかれるのか、とても楽しみです。コーディリアをひたむきに生き抜きます。ぜひ劇場に足をお運びください!

■ゴネリル役:江口のりこ
『リア王』の出演は、本当に嬉しく思います。
イギリスの演出家のショーンさんとご一緒できることは、自分にとって新しい勉強になるだろうとワクワクしています。同じくらい、シェイクスピアの戯曲に挑戦できることもワクワクしています。
みなさま、是非、劇場へお越しください。

■リーガン役:田畑智子
ショーンさんとは『FORTUNE』という作品でご一緒して以来です。
またショーン・ホームズワールドに入れるかと思うと今から楽しみで仕方ありません。
シェイクスピアのリア王がショーンさんのマジックにかかり、どう現代で活きるのかとても興味深く、また作品の一員になれる事が幸せでなりません。
前回のルーシーという悪魔の役とは違い、今回は人間の女性(笑)ショーンワールドに上手く溶け込み、活きるように精一杯演じたいと思います。

■エドマンド役:玉置玲央
『リア王』は個人的に思い入れのある作品なので、出演が決まった際は非常に嬉しかったです。加えて敬愛する段田安則さんがリアを演じるということ、『セールスマンの死』、『桜の園』で強烈な観劇体験をさせてくれたショーン・ホームズさんとの創作ということで今から楽しみで仕方ありません。共演経験のある方も初めましての方もいらっしゃるので、この座組で何が出来るのか、どんな作品を産み出すことが出来るのか、話し合いながら助け合いながらショーンさんの演出と闘い、観たこともないような『リア王』をお届け出来ればと思っています。

■コーンウォール公爵役:入野自由
日本でショーンさんが演出された公演は、全て拝見していました。ショーンさんが作り出す、吸い込まれそうな程の独特な空気感、世界観に度々魅了されていました。まさか自分もその世界の登場人物になれるとは、しかも、こんなにも素晴らしいキャスト陣の一員になれるなんて、驚きと期待に胸が躍ります。個人的にはシェイクスピアに挑戦するのは約20年ぶりになります。とはいえ、当時は子役でしたので、気持ちとしては“初挑戦”。ショーン・ホームズ版『リア王』どんな作品になるのか。是非ご期待ください!

■オズワルド役:前原滉
ショーンさんと遂に4回目になりました。もはや劇団員です。
そしてそして遂にシェイクスピア作品。しかも主演は段田さん。
面白くないわけがありません。既にチラシだけでも面白そうな雰囲気がバシバシ出ております。まだ稽古も何もしてないのですが、ワクワクが止まりません。ショーンさんの舞台に出演する度に毎回言ってるのですが、今回も日本ではあまり観られないシェイクスピアが観られると思います。是非劇場に来てくださいませ!

■オールバニー公爵役:盛隆二
ひと1人が成人するくらいの時間は演劇に携わっておりますが、純粋なシェイクスピア作品に参加するのは初めてです。
今回の役は、巡り巡って僕のところに来たのだと思います。その事を運命だと仮定して、何故に僕だったのか、今の僕が演じるこの役はどのように形どっていくのかと考え、ワクワクの種火が点火されました。
400年以上前から全世界で上演され続け、ある意味、バトンを繋いできたような歴史ある戯曲を、2024年の現代を生きるメンバーで上演する意義みたいなものは深く考えていきたいと思います。
演出がショーン・ホームズさんなので、純粋なリア王にはならないんだろうなぁと感じる部分も楽しみです。そして、未来に繋いでいけるようなリア王を創作してくれるのではと期待しています。

■道化役:平田敦子
『FORTUNE』で初めてショーンの演出を受けたのですが、稽古場で作っていった場面が劇場に入ってこう繋がるのかと驚いたことを覚えています。稽古場での仮の装置が本物になって、照明が入って、小野寺さんのステージングが膨らんで、ショーンはこんな凄い物を作りたかったのかと。こうしてまた呼んでいただけて、ショーンや美術衣裳のポールにも再会できるのが楽しみです。そして道化という役がどうなるのか、ショーンと話しながら、楽しみながら作っていきたいです。『FORTUNE』は開幕してから段々コロナの波が押し寄せ最終地の北九州で1回上演して中止になりました。今回は最後まで全員で無事に上演できることを願っています。

■ケント伯爵役:高橋克実
『リア王』を翻案した黒澤明監督の『乱』を含め、シェイクスピアの中でも『リア王』はよく見てきた作品です。その中でケント伯爵には、ずっと「カッコいい」というイメージを持っていました。王から追放された後も変わらぬ忠誠を心に誓い、他人になりすましてでも影ながら王をずっと支えていく、、、、こんなカッコいい人物を、僕がやっていいんでしょうか・・・ちょっとカッコよすぎますよね(笑)。今回、ショーンさんが、時代設定やステージングなど、どんなアプローチで演出されるのか、僕自身、とても楽しみにしています。それに何よりも、ついに『リア王』を演じることになった段田先輩と同じ舞台に立てる喜び!でも同時に、今からもう緊張していますが。

■グロスター伯爵役:浅野和之
長い役者人生で実は、シェイクスピア作品にあまり馴染みがないものですから、今回お話を頂いて少し戸惑っているところもありますが、肩の力を抜いてみなさんと一緒につくっていけたらなと思っています。今回、この悲劇のお話をショーンさんがどんな新たなリア王に料理されるのか楽しみです。
グロスターという役は眼を失う事で新たに見えてくる物がある人物です。これはこの物語に底通する重要な一部分だと思っています。リア王も同じ様に何かを失うが新たなものが見える(結末は悲劇であるが)。
段田くんが主演した『セールスマンの死』がすごく衝撃的でとにかく演出が面白かったですし、次の『桜の園』の演出もとても興味深かったです。
出演者の皆さんからお話を聞くとショーンさんはとても人柄が良く、一緒に作品を創ると言う意味で非常に信頼出来る演出家と聞いています。
私はそれがもう、ものすごく楽しみです。きっと新しい『リア王』をみなさんにお観せ出来ると思いますので、ご期待ください。

チケット取り扱い

e+(イープラス)
チケットぴあ(Pコード:523-443)
ローソンチケット(Lコード:53358)
CNプレイガイド 0570-08-9999(10:00~18:00 オペレーター対応)
楽天チケット
SkyシアターMBS「ミルデ!」オンラインチケット

備考

・未就学児童入場不可。
・営利目的の転売禁止。
・出演者変更に伴う払い戻し不可。
・車いす席をご利用のお客さまはチケットをご購入の上、事前にお問い合わせ先にご連絡ください。
・2枚以上でご購入されたお客様は、状況によっては連席でご案内できない場合がございます。あらかじめご了承ください。
・公演中止の場合を除き、お客さまの体調不良および新型コロナウイルス感染によるチケットの払い戻しはいたしません。チケットご購入の際には、ご自身の体調や環境をふまえご判断くださいますようお願いいたします。

公演リンク

公式サイトPARCO STAGE 公式TwitterPARCO劇場 公式TwitterPARCO STAGE 公式Instagram
トップへ戻る